DACユニット
本キットは以下で構成されています。 –SPFMインターフェースユニット・・・・・・・・・1枚 –DACユニット(2CH)基板・・・・・・・・・・・・・・1枚 –YM2608B/YM2151ユニット基板(一部加工済)・・・・・・・・1枚 –YM2610ユニット基板(半完成品)・・・・・・・1枚 –PICマイコン 16F887-I/P(書き込み済)・・・1個 -オシレータ 4.0000MHz(赤)・・・・・・・・・・・・・1個 -オシレータ 7.9872MHz(青)・・・・・・・・・・・・・1個 -オシレータ 20.0000MHz(黒)・・・・・・・・・・・・1個 -オシレータ 32.0000MHz(緑)(2610ボードに搭載済)・・1個 シュリンクDIP64ピンソケット(2608用)・・・・・・・・・・1個 -20ピン信号用ケーブル(長)・・・・・・・・・・・・・1本 -20ピン信号用ケーブル(短)・・・・・・・・・・・・・1本 -2610/2608-DAC接続用ケーブル・・・・・・・・・・・2本
キットの内容について
説明書
YM2608Bユニット
サポート
Serial Port F.M
インターフェースユニット
製品の写真とか
YM2151ユニット
回路図
#IRC はこちら  irc.pyonpyon.jp #SPFM
本キットの組み立てのサポート、作成中に発生した破損、不具合、怪我等一切の保証は致しません。 初期不良以外での、キットの交換、再配布は行いません。 EndFragment
YM2610ユニット
 本キットは『FM音源を本物のFM音源で楽しむ』という目的の為に開発されたキットです。StartFragment PCと接続を行うことで、FM音源ICで演奏が行えます。  FM音源本来の音を聞くことを目的として設計されているため、オーディオ機器に求められる「高音質/低ノイズ」を意識した設計とはなっておりません。 StartFragment YM2608B(OPNA)/YM2151(OPM)/YM2610(OPNB)が搭載できます。 EndFragment
部品表
更新情報
ソフトウェア
トップに戻る
【ニコニコ動画】自作FM音源ボード その4