mmldrvとは

 SCCIを使ったmmlベースのサウンドドライバです。
 SCCIのサンプルプログラムとして開発しています。
 ※本アプリケーションは32bit版のみとなります。

実行の画面


特徴
 ・テキストエディタ一体型
  mmlを書くためのエディタと再生環境が1つのウィンドウで構成されています。
 ・複数音源の対応
  2019/04/26現在以下の音源に対応
   OPN系 :「YM2203」「YM2608」「YM2610(B)」「YM2612」
   OPM系 :「YM2151」
   OPL系 :「YM3526」「YM3812」「YM2413」「YMF262」「Y8959」
   PSG系 :「AY8910」「SN76489」
   波形系:「SCC」
   PCM系 :「SPPCM」「SPW」
   MIDI系:「SAM2695」「MIDIポート」
 ・WAVからADPCM変換機能の搭載
  音源に合わせてADPCMなどへの変換を行うため
  mml上はwavファイルの指定で設定が可能
 ・再生専用プレイヤーの添付
  再生専用の簡単なプレイヤーを添付しているため
  イベント等のデモで利用可能

最新版mmldrvのダウンロード

mmldrv 2020/9/19版
 ・変更内容
  Nコマンドを利用した場合、KeyDisp及びmmldrvplayer上で
  音階が正しく表示されない問題を修正。

利用事例

mmldrv演奏サンプル
 実際にmmldrvを使った演奏サンプルです。

 ・【SPFM Light】世界樹の迷宮 眠らずの戦場【完全版】
 mmlデータ
 
 ・【世界樹の迷宮】鉄華 討ち果て朽ち果て【完全版】
 mmlデータ
 
 ・【世界樹の迷宮】迷宮Ⅴ 遺都シンジュク【完全版】
 mmlデータ
 
 データの作成及び、リンクを承諾して頂きましたWING氏に感謝です!
 ※2018/11/12 mmlのpcm定義が古いバージョンのmmldrvの書式だったため修正。

ダウンロード

mmldrv 2020/8/2版
 ・変更内容
  初期化処理の見直し

mmldrv 2020/5/24版
 ・変更内容
  MIDIチャンネルで和音を利用できるよう拡張
  SPWのPCM関連の不具合の修正

mmldrv 2020/5/17版
 ・変更内容
  CHやマクロ定義の末尾にスペースが入っているとエラーとなる不具合修正
  Key Dispの表示を拡張

mmldrv 2020/4/26版
 ・変更内容
  Y8950の対応
  %記述の不具合修正

mmldrv 2020/4/5版
 ・変更内容
  ループ処理の途中で抜けた場合、オクターブがずれる問題の修正
  Jコマンド使用時にデッドロックが発生する問題の修正

mmldrv 2020/2/11版
 ・変更内容
  YMF262(OPL3)に関する不具合の修正
  SCCで発音されないバグの修正
  DCSG周りのバグ及び処理の見直し
  モジュール単位でボリューム設定の実装
  その他、バグFxi

mmldrv 2020/1/10版
 ・変更内容
  YMF262に関する不具合の修正
  MIDIの対応

mmldrv 2019/12/20版
 ・変更内容
  waveファイル読み込み時にメモリ例外が発生する不具合の修正

mmldrv 2019/10/27版
 ・変更内容
  メモリリークの修正
  key dispの表示の高速化
  mmldrv player(α版)の添付
  yコマンドの不具合の修正


mmldrv 2019/08/18版
 ・変更内容
  OPL3(YMF262)の対応


mmldrv 2019/04/09版
 ・変更内容
  SCCIのSPW/SPPCM相当対応に伴う修正


mmldrv 2019/2/21版
 ・変更内容
  SPPCM/SPWにSSG風及びFC風ノイズモードを追加
  
mmldrv 2018/12/31版
 ・変更内容
  Jコマンドの高速化


mmldrv 2019/07/28版
 ・変更内容
  SCCIの動作モード変更に伴う不具合の修正

mmldrv 2019/1/21版
 ・変更内容
  複数チャンネル同時指定の対応
  複数モジュール及びチャンネルのグループ化に対応


mmldrv 2018/12/24版
 ・変更内容
  Hコマンドで合成周波数に加え合成ビット数を設定できるよう修正
  Wavデータの読込みでJUNKチャンクなどのチャンクが入っている
  Wavの場合正常に読込みが出来ない不具合を修正


mmldrv 2018/11/12版
 ・変更内容
  Qコマンド及びvコマンドで0が指定された場合にエラーになる問題を修正


mmldrv 2018/10/10版
 ・変更内容
  SPPCM/SPWでEFコマンド、Hコマンドが先頭モジュールでしか動作しない不具合を修正
  添付の波形エディタが古かったので最新版に差し替え

mmldrv 2018/10/08版
 ・変更内容
  SPPCM/SPWでの波形音源風モード対応
  その他、バグFix等

mmldrv 2018/04/22版
 ・変更内容
  対応音源の追加
   8253
   SPPCM
  mmlファイルの監視機能の追加
   監視機能を使うとmmlファイルのタイムスタンプを1秒ごとに監視し
   タイムスタンプに変更があった場合、ファイルの読込みしなおします。
  PCMファイルの指定方法の変更
   PCMファイルの指定書式が変更になりました。

mmldrv 2017/07/12版
 ・変更内容
  MI68で頒布されていたモジュールに対応

mmldrv 2017/06/11版
 ・変更内容
  SPFM FMの塔用サンプルを添付

mmldrv 2017/06/08版
 ・変更内容
  対応音源の追加
  最新版では、以下の音源に対応しています。
   YM2608
   YM2151
   AY8910(SSG)
   SCC(MSCCX)
   YM3526
   YM2413
   YM2612
   SN76489
   YM2610(B)
  PCM転送のスレッド処理化。
   スレッド処理としたため、再生開始後ウィンドウの操作は可能です。
  アクセラレーターキーの対応

mmldrv 2016/11/20版
 ・変更内容
  YM2203、YM2608、YM2612の音量設定の不具合修正
   →一部アルゴリズムでOP2のTLがおかしくなる問題を修正しました。
  音階テーブル計算処理の実装
   →今までは、特定のクロックのみサポートしていましたが
    チップのクロックに合わせて、計算するよう修正しました。
  今回の変更内容については、根底にかかわる部分の影響が多く
  気が付いていない不具合が発生する恐れがあります。
  そのような、不具合があった場合はご一報いただけると幸いです。

mmldrv 2016/08/09版
 ・変更内容
  対応音源の追加
  最新版では、以下の音源に対応しています。
   YM2608
   YM2151
   AY8910(SSG)
   SCC(MSCCX)
   YM3526
   YM2413
   YM2612(PCM未サポート)
   SN76489
  LFOの動作変更
   KeyOff後もLFOの動作を継続するよう修正

mmldrv 2016/05/16版
 ・変更内容
  バグの修正
  SSGの対応
  ジャンプコマンドの対応
  ソフトウェアエンベロープ処理の変更
   →エンベロープの係数の処理を変更したため、旧バージョンと動作が異なります
  ※64bit版の動作が不安定なため、32bit版のみ配布


mmldrv 2016/03/25版
 ・変更内容
  バグの修正
  相対音量コマンドのバグを修正
  SCCの対応


mmldrv 2016/01/30版
 ・変更内容
  scciが存在しない場合や、音源チップが存在しない場合のエラーチェックを実装。



mmldrv 2016/01/03版
 ・変更内容
  マクロの対応
  !nで開始する行でマクロを定義して各チャンネル内で!nで呼び出しできます

mmldrv 2015/11/03版

 ・変更内容
  MMLのループ仕様の変更
  パラメータの調整等
  不具合の修正
  wavデータの読み込み対応
  コマンドについてはmmldrv.txtを参照してください


mmldrv 2015/10/11版

 ・変更内容
  YM2608のリズム音源及びADPCMに対応
   未熟ではありますが、リズム音源及びADPCMの利用が可能となっています。
  64bitバイナリの添付
   今回よりを同根します。

mmldrv 2015/6/19版

 ・変更内容
  ループのバグ修正
 
 制限事項
  ADPCM、リズム音源に対応予定ですが現在未実装のため
  利用することはできません。

mmldrv 2015/6/4版

 ・変更内容
  YM2608のパン設定のバグ修正。
 
 制限事項
  ADPCM、リズム音源に対応予定ですが現在未実装のため
  利用することはできません。

mmldrv 2015/5/29版

 ・変更内容
  エディタ部分で使用しているコントロールのバージョンを変更。
  エディタ部分の文字および背景色の変更。
  ウィンドウの再描画処理の見直し。
 
 制限事項
  ADPCM、リズム音源に対応予定ですが現在未実装のため
  利用することはできません。

mmldrv 2015/5/25版

 ・変更内容
  SSGの対応
 
 制限事項
  ADPCM、リズム音源に対応予定ですが現在未実装のため
  利用することはできません。

mmldrv 2015/5/24版

 ・変更内容
  scciのサンプルアプリケーションとして公開。
 
 制限事項
  SSG、ADPCM、リズム音源に対応予定ですが現在未実装のため
  利用することはできません。

補足
 実行する場合は、「Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ 」が
 必要になります。